がんの転移、再発の予防には免疫力の高めて、癌細胞に対抗することが大切です。
まずは免疫力を高める健康食品(フコイダン、アガリクス、ハナビラタケ、マイタケ、ヤマブシタケ、プロポリスなど)を充分に学びましょう。
そして健康食品は医薬品ではないので実績のある信用できるものを購入することが何よりも大事です。 このサイトで紹介しています健康食品は購入者の多い順に上から並んでいます(日付の新しい方が購入者の多い商品です)。


2006年02月24日

メシマコブって?

メシマコブは、
タバコウロコタケ科のキコブタケの仲間に属するキノコで、
学名をフェリナス・リンテウスといいます。

桑の古木やブナ・シイの木に寄生し、
通常は傘の長径が8センチから12センチ、
大きいもので30センチを超えるものもありますが、
そのくらいの大きさになるまでには20年から30年の年月を要します。


メシマコブの効果については、
数多くの動物実験や臨床試験の結果が発表されています。
兪益東博士の研究では、「メラノーマ」というがん細胞をマウスに移植してガンを発生させ、
メシマコブの投与の有無による比較実験を行い、
メシマコブを投与したマウスに、
ガン細胞の増殖・転移の抑制、延命効果などがみられたことが報告されています。

また、「アドレアマイシン」という抗がん剤と
メシマコブを併用することにより、
抗がん作用に相乗効果がみられ、
副作用を軽減する効果も認められています。

1990年代に韓国でメシマコブの菌糸体の培養技術が完成し、
国家プロジェクトとしてメシマコブの研究に力が注がれるようになりました。
その結果として、抗がん作用を強く示す
メシマコブ菌株PL2、PL5という菌糸体を人工培養し、
熱水抽出したエキスが新薬として開発されました。

メシマコブは、免疫機能を活性化する作用があることも確認されています。
人間の身体には、抗原といわれる、
ウイルスや細菌に対して身を守る「免疫」
という機能がもともと備わっています。
その役割を担うのは主に白血球であり、
その仲間には抗原を認識して抗体を生産するT細胞やB細胞と呼ばれるリンパ球や、抗原を食べてしまうマクロファージと呼ばれる細胞、抗原のうち特にがん細胞を攻撃するナチュラルキラー細胞などがあります。

メシマコブは、これらの免疫に機能する細胞の活性を
高めるという結果が報告されています。
がん治療により低下した免疫力を改善したり、
生活習慣病などの予防にも有効であると考えられています。

最近では、自己免疫疾患が一因となっている
インシュリン依存型糖尿病を持つマウスに対しても、
血糖値を正常にし、発病を抑制する効果を示したことが発表されています。

"メシマコブ一覧"
posted by 免疫勉強会 at 16:50| 種類別健康食品の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。