がんの転移、再発の予防には免疫力の高めて、癌細胞に対抗することが大切です。
まずは免疫力を高める健康食品(フコイダン、アガリクス、ハナビラタケ、マイタケ、ヤマブシタケ、プロポリスなど)を充分に学びましょう。
そして健康食品は医薬品ではないので実績のある信用できるものを購入することが何よりも大事です。 このサイトで紹介しています健康食品は購入者の多い順に上から並んでいます(日付の新しい方が購入者の多い商品です)。


元国立がんセンター医師が実証!末期ガンを消した!「超低分子フコイダン」 |安藤 由朗

元国立がんセンター医師が実証!末期ガンを消した!「超低分子フコイダン」
安藤 由朗
史輝出版 刊
発売日 2003-06



ガン治療に明るい未来 2003-07-19
ガンの治癒をめざした本は非常に多くあります。フコイダンの他にも、アガリスク、食事療法など、その方法は正に千差万別です。そしてこういった本に多いのですが、ページの大部分はフコイダンの成分説明と、ガンが治癒した人の体験談で占められています。「この本で治す」と言うより「この本でフコイダンでガンを治療を行うかどうか決める」というものです。詳しい連絡先が、本に書いてあります。元国立九州がんセンターの医師だった安藤由朗氏の監修なので私は信用して購入しました。 本を読んで、私より遥かに重い病気で苦しんでいる人が多くいること知り愕然としました。 フコイダンによる治療を始めるかどうかは読んだ方が決めることです。私自身はまだ治療を始めていませんので、フコイダンはいい、とは断言できません。


さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by 免疫勉強会 at 23:48| フコイダンを学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「海藻フコイダン」でガン細胞は自殺する!!―ヌルヌルパワーでガンが消えた! |立川 大介

「海藻フコイダン」でガン細胞は自殺する!!―ヌルヌルパワーでガンが消えた!
立川 大介
史輝出版 刊
発売日 2003-02



癌、癌細胞、癌という病気、病理、病態の真理とは 2004-06-19
海藻フコイダンで癌が治る、この意味する所は何か、癌とは血液が人間の身体部位のいずれかの箇所に滞った一時的な病理現象である、癌の一時的病態とは人体を延命させる浄血機能現象に他ならない、では、その癌という病理現象を西洋医学の三大療法で加療するとどうなるか、間違いなく命を短くするか、早期にこの世から去ることになるだろう、よく癌を早期発見して手術の甲斐あって癌が治った、という話を耳にするが、真理はそうではない、本来、自然の摂理はんする人体にメスをいれる手術によって癌という腫瘍を取り除く大手術をしても健康を回復するだけの自己免疫力が、自然治癒力が備わっていただけの事である、では手遅れでしたという発言をする医者のケースの場合はどういうことか、つまりは人間の免疫の重要な役割を備える腸管免疫の腸内細菌バランスが生死の可否を決定している、医者の言うことは鵜呑みに、妄信してはいけない、セカンドオピニオン、もしくはこれだけ医療過誤や医療事故が絶えない日本の医療に不信感を感ずる人はサードオピニオンまで持つのが賢明だろう、フコイダンが癌を治す、その意味するところは、癌腫瘍という一時的血液の滞りを改善し、血液の流れをよくし癌腫瘍を溶解することである、フコイダンとは要は海藻類のヌルヌル成分の事である、海藻を食して癌が、病気が治るなら、これほど自然の理にかなったことはない、真理を見抜く目、健康の大切さと自然の恵みに感謝できる健康への慧眼書です


さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by 免疫勉強会 at 23:48| フコイダンを学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。