がんの転移、再発の予防には免疫力の高めて、癌細胞に対抗することが大切です。
まずは免疫力を高める健康食品(フコイダン、アガリクス、ハナビラタケ、マイタケ、ヤマブシタケ、プロポリスなど)を充分に学びましょう。
そして健康食品は医薬品ではないので実績のある信用できるものを購入することが何よりも大事です。 このサイトで紹介しています健康食品は購入者の多い順に上から並んでいます(日付の新しい方が購入者の多い商品です)。


2006年02月14日

続・医者が末期がん患者になってわかったこと―家族の闘いと看護の記録 |岩田 隆信 /岩田 規子

続・医者が末期がん患者になってわかったこと―家族の闘いと看護の記録続・医者が末期がん患者になってわかったこと―家族の闘いと看護の記録
岩田 隆信 /岩田 規子
角川書店 刊
発売日 1999-09



脳外科医が脳腫瘍に 2005-10-31
ご自分の専門分野でご自身が悪性の進行度も早いガンとわかってしまった著者の苦悩と葛藤は想像を絶する。
病に倒れてやっと家庭を顧みて、それでも体の動く限りは病院の勤めに尽力を尽くす。
術後の集中治療室で初めて患者さんたちの苦痛を体験し、これからは患者の痛みのわかる医師でありたい、マニュアル通りの患者に負担がかかる検査は極力避けよう、患者の立場で肉体的、精神的な痛みのわかる医師になろうとされた。寝たきりに及んで、奥さんが「やっと主人が私の元に戻ってきた」の言葉が切なくも悲しい。
これからだという時に本当に惜しい人を亡くしたと残念でならない。

想像を超える介護努力の結晶 2003-03-31
 岩田さんは、悪性脳腫瘍で、介護を受けることになった。その介護をした妻、規子さんは、この苦難にも負けず、とうとう岩田さんが死ぬまで介護を続けたのだ。段々と病状が悪化し、介護の必要性も増して、規子さんはさぞかし辛かったことだろう。それでも、夫婦の絆、家族愛で介護をやり通したのだ。 その努力は、想像を超えた大きなものである。


さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by 免疫勉強会 at 02:06| もし家族ががんになったら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝食抜き!ときどき断食!―免疫力・自然治癒力健康法 |渡辺 正

朝食抜き!ときどき断食!―免疫力・自然治癒力健康法
渡辺 正
講談社 刊
発売日 2003-12



説得力のある「西医学健康法」 2005-02-05
タイトルの通り、朝食抜き、ときどき断食、生野菜食、生水を飲む等々の健康法を「なぜそれが体によいのか」といった説明とあわせ紹介しています。「内臓を休ませる」ということの大切さは、なかなか普段は気づきませんが、言われてみれば非常に尤もなお話。本書を読めば、トーストをくわえながら、駅に向かって走る!など、絶対やってはいけないことだと分かります。リウマチなど多くの病気は宿便が起こす、というところは「本当かなぁ?」とちょっと疑問を感じるところはありますが、全体的に説得力があり、かつ、とっつき易いので、まずは実践です。同様の内容を説明した「生活習慣病に克つ新常識―まずは朝食を抜く! 小山内 博 (著)」もおすすめ。こちらの方法のほうがルールがシンプルな印象です。

とにかく実践! 2004-11-14
おきぬけに食べる(当たり前ですが)朝食が胃腸に負担をかけるのでよくないことはよく言われること。本書は一日2食をどうやって実践するか、かつ更におしすすめ「プチ断食」。さらに柿茶ビタミンCや冷水&温水浴など入浴法を変える事による効能の解説。筆者のスタンスは「人間の身体は自然治癒力あり」。一日3食は動物としての人間の本来の姿に反する、と。とにかく朝食抜きから実践してみましょう。わたくしも出張先のホテル選択基準は朝食がうまいかどうか?で決めるような朝食しっかり派でしたが最近はスタバのコーヒーのみという生活ペースにしっかり慣れ(筆者曰くコーヒーもあんまり宜しくないようなのですが)、至って快調です。

説得力あり、実践の価値あり 2004-05-29
医学的見地から、朝食を抜くことの健康面でのプラスやダイエット効果を説き、朝食抜きを推奨する本です。午前中は身体が排泄モードになるので、内臓に負担のかかる朝食は抜いた方が健康によいそうです。薬への依存が免疫力や自浄能力を低下させる点など頷ける部分も多く説得力のある説明だと思いました。惰性による習慣をついついベスト・プラクティスと思いこんでしまう戒めの意味も含めて、一読の価値ある一冊です。


さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by 免疫勉強会 at 02:05| 免疫についてよく知ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

免疫革命 |安保 徹

免疫革命
安保 徹
講談社インターナショナル 刊
発売日 2003-07



通常医学にも代替医療にもパラダイムシフトを迫る本。 2003-07-30
西洋医学に関わる医師が、白衣を着ているだけで自らを科学者と傲慢にも規定しているのに、その治療自体は姑息な対症療法に過ぎず、実は科学的根拠を欠いた「科学主義」に陥ってる場合が非常に多い。生化学・分子医学、そして著者の専門である免疫学的な根拠が無いか、それらに反しているからである。 また、それを批判する代替医療の側も、単なる「根性論」に過ぎないものばかりで、実際は免疫システムの関与するリモデリング能力と言えば済むところを、なぜか神秘めかして「自然治癒力」と言うばかりで、なぜ効くのか、特異的なケースを検証し、より多くの人に効果を持たせるための追究に欠け、再現性が乏しかった。要するに、応用への根拠を求める姿勢に欠けていて、Holisticを謳えば何かをした気になっており、これもまた傲慢であったのだ。 著者の免疫学理論の核心「リンパ球・顆粒球の自律神経支配」は、両者の大統一理論ともなりうる画期的な理論でありながら、実は我々がすでに体験している多くの事象に基づき、それを解き明かしてもいる点で理解がされやすいという長所を持つ。
 本書は、『未来免疫学』以来の著者の書籍の総集編といった趣がある。『医療が病いを作る』に散見された、他領域に関する言及の誤りも少なくなり、地に足の着いた啓蒙書になった。
 ただ、まだ若干の勇み足が見られるのは、学術書ではないからなのか。専門家の方々には、学術論文集の体裁を取った、三和書籍『自律神経と免疫の法則--体調と免疫のメカニズム』の併読をお勧めする。 安保理論に興味を持つ方で、特に医師・ナースなど医療関係者には、最初の1冊としては本書を推薦したい。

現代日本の医師・医療に疑問を持つ方にはオススメ。 2004-07-21
タイトルは『免疫革命』となっていますが、病気になるしくみのひとつをわかり易く、丁寧に書いた本です。著者自身が二年の間に十五人、抗がん剤を使用したにもかかわらず命を救えなかった絶望にも似た経験が、臨床を辞めて免疫の研究に入ったきっかけだそうです。仕事柄、日本の医療システムについてかなり詳しくなりましたが、結論は自分の身は自分で守らなければいけない。ということです。具体的には『体のしくみ』を学び、『良い医者の見分け方』をマスターすることです。この本はこの『体のしくみ』を学ぶのに適した一冊です。現代日本の西洋医学を否定する訳でもありませんし、尊敬できる医師も日本には多いです。ただ、病気になったら病院へ行けば病気が治るものと安易に考えるのは、大きな間違いです。

平易でわかりやすい免疫の本 2004-04-23
「第五章 病気と体調の謎が解ける免疫学」の記述は平易で非常にわかりやすい
です。また、その内容も、現在の免疫学のメインストリームでは無いですが、
今までの免疫学を包括する、非常に新しい内容です。この本の一番のポイント
と言っていいでしょう。しかし、残念ながら、第一章から第四章までは、そのまま鵜呑みにするのは、なぜかためらわれます。それは、筆者の免疫論を応用した治療法が有効なこと
を、患者、またはその家族の手記を、言い換えれば個人的な体験談を使って説
明しようとしているからです。数字で語っていないのです。(少なくとも私の考
える)科学の言葉で話していないから。個人の体験が、すべての人にそのまま適用できるわけでは無いので、説得力が出て来ないのでしょう。
ウソを書いている、と言っているわけではありませんので、念のため。とはいえ、結論をいえば、いい本であることは間違いないです。


さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by 免疫勉強会 at 02:05| 免疫についてよく知ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AHCC イムノゴールドSS 450mg(120粒)

AHCC イムノゴールドSS  450mg(120粒)AHCC イムノゴールドSS 450mg(120粒)
免疫力をつけるということは、病気に負けない健康なからだをつくる!・・・・ということです。〜免疫力とは?〜人の体にもともと備わっている「病気と闘う力」のことをいいます。私たちの体内には、病気から身を守るための免疫細胞が5000億以上あるといわれ、24時間休みなく働いています。栄養成分(12粒3g当たり)
項目
成分量
項目
成分量
エネルギー
2.1kcal
たんぱく質
0.1g
脂質
0.1g
炭水化物
0.2g
ナトリウム
2.3mg免疫細胞は常に病気の発生を監視し、見つけると直ちに退治してしまうのです。そんな免疫力もストレスや年齢によって機能が低下してしまいます。そうなると病気の発生が抑えきれず、力がなくなってしまうのです。免疫力を高く維持することによって病気に立ち向かう力がアップするのです。
AHCCとは?
キノコなどの植物体や穀類の中に含まれる植物繊維から抽出した、活性化多糖類関連化合物を主成分とした、免疫強化を目的とする機能性食品です。Active(=活性化)Hexose(=植物性多糖類)Correlated(=関連)Compound(= 化合物)AHCCイムノゴールドSSは、植物成長ホルモンの研究開発で知られるアミノアップ科学の特殊製造バイオファクトリーで一貫製造されています。複数のキノコの菌糸体を1ヶ月以上もかけ、培養を繰り返し、抽出した物質を酵素反応させ、遠心分離抽出して製造するのです。一貫された環境の中で手間暇かけて製造されています。
原材料
AHCC(担子菌抽出エキス)、サフラワーオイル、グリセリン脂肪酸エステル、ミツロウ、レシチン、ゼラチン、グリセリン
AHCCイムノゴールドSS 450mg(120粒)〜免疫力とは?〜人の体にもともと備わっている「病気と闘う力」のことをいいます。私たちの体内には、病気から身を守るための免疫細胞が5000億以上あるといわれ、24時間休みなく働いています。免疫細胞は常に病気の発生を監視し、見つけると直ちに退治してしまうのです。そんな免疫力もストレスや年齢によって機能が低下してしまいます。そうなると病気の発生が抑えきれず、力がなくなってしまうのです。
栄養成分(12粒3g当たり)
項目
成分量
項目
成分量
エネルギー
2.1kcal
たんぱく質
0.1g
脂質
0.1g
炭水化物
0.2g
ナトリウム
2.3mg原材料
AHCC(担子菌抽出エキス)、サフラワーオイル、グリセリン脂肪酸エステル、ミツロウ、レシチン、ゼラチン、グリセリン
※ 1日3粒を目安にお召し上がりください。
発売元 アミノアップ化学 / 内容量 450mg(120粒)

さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by 免疫勉強会 at 01:10| 一目でわかるAHCC/D12一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アミノアップ化学 イムノエースAHCC 33包×1500mg

アミノアップ化学 イムノエースAHCC 33包×1500mgアミノアップ化学 イムノエースAHCC 33包×1500mg
メーカーアミノアップ化学◆用法・用量1日に1〜3袋を目安に、水またはお湯でお召し上がりください。◆成分・分量AHCC(担子菌抽出エキス末)、サフラワーオイル、グリセリン脂肪酸エステル、ミツロウ、レシチン被包材:ゼラチン、グリセリン、カラメル色素戻 る
さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by 免疫勉強会 at 01:10| 一目でわかるAHCC/D12一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AHCCイムノエース(1.5g×33袋)・3箱セット■送料無料■

AHCCイムノエース(1.5g×33袋)・3箱セット■送料無料■AHCCイムノエース(1.5g×33袋)・3箱セット■送料無料■
AHCCイムノエース 3箱のご購入フォームはこちら
 通常、3箱54000円(税別)のAHCCイムノエースを、特別価格・42390円(税別)で販売いたします。
更にお得な6箱セットもあります。
 AHCCは、もともとはActive HemiCellulose Compound(活性ヘミセルロース複合体)の略とされていましたが、さらに研究が進んだ最近では、Active Hexose-Correlated Compound(活性糖類関連化合物集合体)の略称に変更されています。 AHCCは、シイタケを初めとする複数のキノコの菌糸体を、さまざまな酵素と共に70日以上にわたって培養・反応させてできあがります。 AHCCの歴史は1985年までさかのぼります。この年に株式会社アミノアップ化学でAHCCが開発されました。その後、AHCCには実にさまざまな物質が含まれている事が明らかになりました。(β-1.3-グルカン、α-1.4-グルカン、インターロイキン-12誘導物質、活性ヘミセルロースなど)■AHCCイムノエース(1.5g×33袋)
15,120円■AHCCイムノエース(1.5g×33袋)・3箱セット
44,509円
■AHCCイムノエース(1.5g×33袋)・6箱セット
87,885円

名称
植物性多糖類加工食品
品名
イムノエース
原材料
担子菌抽出エキス末(AHCC)(原料の一部に小麦由来を含む)、植物性硬化油、結晶セルロース
内容量
49.5g(1.5g×33袋)×3箱
品質保持期限
製造後2年間
保存上の注意
高温、多湿及び直射日光を避けて保存してください。
お召し上がり方
本品は食品ですので、1日に1〜3袋を目安に、水または、温湯でお召し上がりください。
発売元
株式会社アミノアップ化学
標準栄養成分表 (1包[1.5g]あたり)
エネルギー 8.2kcal たんぱく質 0.1g 脂質 0.5g 炭水化物 0.8g ナトリウム 7.7mg

さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by 免疫勉強会 at 01:10| 一目でわかるAHCC/D12一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AHCCイムノエース(1.5g×33袋)・6箱セット■送料無料■

AHCCイムノエース(1.5g×33袋)・6箱セット■送料無料■AHCCイムノエース(1.5g×33袋)・6箱セット■送料無料■
AHCCイムノエース 6箱のご購入フォームはこちら
 通常、6箱108000円(税別)のAHCCイムノエースを、特別価格・83700円(税別)で販売いたします。
 AHCCは、もともとはActive HemiCellulose Compound(活性ヘミセルロース複合体)の略とされていましたが、さらに研究が進んだ最近では、Active Hexose-Correlated Compound(活性糖類関連化合物集合体)の略称に変更されています。 AHCCは、シイタケを初めとする複数のキノコの菌糸体を、さまざまな酵素と共に70日以上にわたって培養・反応させてできあがります。 AHCCの歴史は1985年までさかのぼります。この年に株式会社アミノアップ化学でAHCCが開発されました。その後、AHCCには実にさまざまな物質が含まれている事が明らかになりました。(β-1.3-グルカン、α-1.4-グルカン、インターロイキン-12誘導物質、活性ヘミセルロースなど)
■AHCCイムノエース(1.5g×33袋)
15,120円■AHCCイムノエース(1.5g×33袋)・3箱セット
44,509円
■AHCCイムノエース(1.5g×33袋)・6箱セット
87,885円

名称
植物性多糖類加工食品
品名
イムノエース
原材料
担子菌抽出エキス末(AHCC)(原料の一部に小麦由来を含む)、植物性硬化油、結晶セルロース
内容量
49.5g(1.5g×33袋)×6箱
品質保持期限
製造後2年間
保存上の注意
高温、多湿及び直射日光を避けて保存してください。
お召し上がり方
本品は食品ですので、1日に1〜3袋を目安に、水または、温湯でお召し上がりください。
発売元
株式会社アミノアップ化学
標準栄養成分表 (1包[1.5g]あたり)
エネルギー 8.2kcal たんぱく質 0.1g 脂質 0.5g 炭水化物 0.8g ナトリウム 7.7mg

さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by 免疫勉強会 at 01:10| 一目でわかるAHCC/D12一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AHCCイムノエース(1.5g×33袋)■送料無料■

AHCCイムノエース(1.5g×33袋)■送料無料■AHCCイムノエース(1.5g×33袋)■送料無料■
AHCCイムノエースのご購入フォームはこちら 通常、33包入りで18000円(税別)のAHCCイムノエースを特別価格・14400円(税別)で販売いたします。更にお得な3箱セットと6箱セットもあります。
 AHCCは、もともとはActive HemiCellulose Compound(活性ヘミセルロース複合体)の略とされていましたが、さらに研究が進んだ最近では、Active Hexose-Correlated Compound(活性糖類関連化合物集合体)の略称に変更されています。 AHCCは、シイタケを初めとする複数のキノコの菌糸体を、さまざまな酵素と共に70日以上にわたって培養・反応させてできあがります。 AHCCの歴史は1985年までさかのぼります。この年に株式会社アミノアップ化学でAHCCが開発されました。その後、AHCCには実にさまざまな物質が含まれている事が明らかになりました。(β-1.3-グルカン、α-1.4-グルカン、インターロイキン-12誘導物質、活性ヘミセルロースなど)
■AHCCイムノエース(1.5g×33袋)
15,120円■AHCCイムノエース(1.5g×33袋)・3箱セット
44,509円
■AHCCイムノエース(1.5g×33袋)・6箱セット
87,885円

名称
植物性多糖類加工食品
品名
イムノエース
原材料
担子菌抽出エキス末(AHCC)(原料の一部に小麦由来を含む)、植物性硬化油、結晶セルロース
内容量
49.5g(1.5g×33袋)
品質保持期限
製造後2年間
保存上の注意
高温、多湿及び直射日光を避けて保存してください。
お召し上がり方
本品は食品ですので、1日に1〜3袋を目安に、水または、温湯でお召し上がりください。
発売元
株式会社アミノアップ化学
標準栄養成分表 (1包[1.5g]あたり)
エネルギー 8.2kcal たんぱく質 0.1g 脂質 0.5g 炭水化物 0.8g ナトリウム 7.7mg

さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by 免疫勉強会 at 01:10| 一目でわかるAHCC/D12一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【送料無料】イムノエース(AHCC細粒) 33袋

【送料無料】イムノエース(AHCC細粒) 33袋【送料無料】イムノエース(AHCC細粒) 33袋
イムノエースは担子菌を大型タンク培養法を用いて発酵分解し、独自の製法で抽出、精製した植物性多糖類加工食品です。皆様の健康維持とバランスの採れた食生活づくりをサポートいたします。■お召し上がり方1日1〜3粒を目安に水又はお湯でお召し上がり下さい。名称植物性多糖類加工食品 原材料名担子菌抽出エキス末(AHCC)(原料の一部に小麦由来を含む)、植物性硬化油、結晶セルロース 内容量49.5g(1.5g×33袋) 保存方法高温・多湿及び直射日光をさけて保管してください。 製造元株式会社アミノアップ化学
さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by 免疫勉強会 at 01:10| 一目でわかるAHCC/D12一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。